文書   >   Swift 標準ライブラリ   >   Collections   >   Supporting Types   >   AnyCollection   >   joined()


インスタンスメソッド


joined()


連結されたこの一連のコレクションの要素を返します。





宣言


func joined() -> FlattenSequence<AnyCollection<Element>>


戻り値


この一連のコレクションの要素の平坦化されたビュー。


議論


この例では、3 つの範囲の配列が平坦化され、各範囲の要素を順番に繰り返すことができます。


let ranges = [0..<3, 8..<10, 15..<17]

// A for-in loop over 'ranges' accesses each range:
for range in ranges {
  print(range)
}
// Prints "0..<3"
// Prints "8..<10"
// Prints "15..<17"

// Use 'joined()' to access each element of each range:
for index in ranges.joined() {
    print(index, terminator: " ")
}
// Prints: "0 1 2 8 9 15 16"





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 9.3+
  • フレームワーク
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • 戻り値
  • 議論












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)