文書   >   Swift 標準ライブラリ   >   Collections   >   Supporting Types   >   AnyCollection   >   joined(separator:)


汎用インスタンスメソッド


joined(separator:)


各要素の間に指定されたセパレータを挿入して、この一連のシーケンスの連結要素を返します。





宣言


func joined<Separator>(separator: Separator) ->
	 JoinedSequence<AnyCollection<Element>> where Separator : Sequence,
	  Separator.Element == Self.Element.Element


パラメータ


separatorこのシーケンス内の各要素間に挿入すべきシーケンス。


戻り値


結合された要素のシーケンス。


議論


この例は、別の [Int] インスタンスをセパレータとして使用して [Int] インスタンスの配列を結合する方法を示しています。


let nestedNumbers = [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]
let joined = nestedNumbers.joined(separator: [-1, -2])
print(Array(joined))
// Prints "[1, 2, 3, -1, -2, 4, 5, 6, -1, -2, 7, 8, 9]"


関連





汎用の制約





目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 7.1+
  • フレームワーク
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値
  • 議論
  • 関連












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)